英会話コミュニティー・サークルのススメ

全国に広がる英語サークル

あなたが「英会話ができるようになりたい」と思い立ったとします。そしてそのための勉強を始めようと思った時、まず何をするでしょうか?
ほとんどの人の答えは「英会話スクールを探す」というものでしょう。広告やテレビCMなどでよく目にすることもあり、最も身近な学習法には違いありません。

 

しかし、スクールというのは基本的にまとまったお金が必要になります。月謝制のところもありますがそれなりに高く、経済的な理由で諦める人もいることでしょう。そんな人におすすめしたいのが英会話サークルです。サークルと名前に付くことからも分かるように、英語を話せるようになりたい人達が自主的に集まったグループで、定期的に勉強会を開いてお互いに英語で話すための勉強や練習を行います。

 

目的が「英語を話せるようになること」ですから、多くの場合ネイティブの人が居ることは少なく、日本人同士で会話の練習をしたりわからないことを教えあったりするのが主な活動で、特に参加費が要らないか、喫茶店などを会場にしている場合は自分の飲み物代だけ出すということで、あまりお金をかけずに勉強できます。

 

日本人同士で英語を話すのに抵抗があるという人も多いですが、英会話の上達法を見ると必ずといっていいほど「相手が日本人でもネイティブでもいいから、英語で会話する時間を作って練習する」というものがあります。
確かにスクールのような「指導」を期待することはできませんが、英語を使う時間が確実に増えますし、お互いネイティブではないということで、慣れれば文法や発音にとらわれすぎずに「お互い様」の気持ちで練習できます。

 

 

スクールよりもカフェ?

英会話を学びたいと考えた時、多くの人がまず考えるのは英会話スクールに通うことでしょう。しかし、スクールはどうしても長期の受講を前提にして考えるため、受講料が高くなりがちです。月謝制のところもありますが、社会人や既婚者などプライベートな時間を作ることが難しい人にとっては、定期的に通学すること自体が困難なこともあります。

 

そんな時に注目したいのが英会話カフェです。その名の通り英会話を学べるカフェで、ネイティブ・スピーカーをスタッフにしているお店もたくさんあります。普通にお茶を楽しみながらスタッフや居合わせた他のお客さんと話すフリートークのスタイルが一般的ですが、店によっては教材を用意してレッスンをしてくれるところもあります。

 

英会話カフェのメリットは、時間の空いた時に立ち寄って英語を学び、その都度精算できることでしょう。一度に一ヶ月分まとめて支払うと「せっかく払ったんだから時間をつくらないと」と義務のように感じてしまう人もいますし、期間内に支払分の回数を済ますことができなかった場合でもレッスンの振替ができないところもありますが、都度払いならそうしたプレッシャーや損した気分を味わうことがありません。

 

また、スクールのレッスンではスクール側のカリキュラムに合わせることが多いですが、カフェでのレッスンは自由度が高く、その時の気分に合わせて内容をリクエストすることもできます。

 

長期的な学習プランが必要な場合に自分で計画を立てなければいけない点はスクールに負けるかもしれませんが、気軽に勉強を続けたい人にはカフェの方が向いているのではないでしょうか。

更新履歴